【必修】社会・子どもの変化と教育の課題

 

(主として認定こども園・幼稚園関係者向け) 必修 一般教諭

 

■講習概要

 

教育と教職についての省察を行い、心理学の動向を踏まえた近年の子どもの発達課題及びカウンセリングマインドの必要性を理解したうえで、これに対する国の教育政策と世界の教育の動向を明らかにする

 

■講師

 

森山 賢一(玉川大学大学院教育学研究科教授)/田子 健(東京薬科大学生命科学部教授、玉川大学教師教育リサーチセンター客員教授)/横田雅史(帝京平成大学現代ライフ学部教授)/原田 恵理子(東京情報大学総合情報学部准教授、玉川大学教師教育リサーチセンター非常勤講師)/若月 芳浩(玉川大学教育学部教授)/宇田 光(南山大学教職センター教授)

 

■講習内容

 

1 幼稚園教育要領の解説(総論)   (講師:若月芳浩)

 

就学前の教育・保育に関する国の基準を知る

 

教育・保育のあり方の基礎・基本を学び、説明できるようになる

 

2 世界の教育の動向   (講師: 田子 健)

 

世界の教育動向を理解し、我が国の教育の方向性を考えた教育実践のあり方をつかむことができる。

 

3 子ども観、教育観等についての省察  (講師:森山 賢一)

 

教員にとって「振り返り」(省察)の重要性を捉える。

 

自らの教育実践の基本となる子ども観・教育観把握の方法を理解する。

 

子ども観・教育観の現代的特徴を把握して、これからの教育実践のあり方を把握する。

 

教員の倫理・教育愛。

 

4 専門職たる教員の役割   (講師: 田子 健)

 

教育観の捉え方を学び、教員としての専門性を高めていく手がかりを得る。

 

専門職としての教員の独自の役割を理解し、日々の教育実践の根拠とする。

 

併せて、今後の教員養成・研修の制度変化について理解する。

 

5 脳科学、心理学等からの発達に関する知見〜ポジティブ生徒指導(PBIS)を中心に〜

 

 (講師: 宇田 光)

 

脳科学や心理学の知見を使って、子どもの心理的側面の現代的特徴を検討できる。

 

米国での生徒指導の動向を説明できる。

 

6 子ども理解とカウンセリングマインド  (講師: 原田 恵理子)

 

現代の子どもたちの実態を捉え、思春期の特性を理解する。

 

多様化する子どもたちに対する態度の一つとしてカウンセリングマインドを学ぶ。

 

7 気になる子どもの配慮と支援   (講師:横田雅史)

 

この講義を受講してLDADHD、高機能自閉症について説明できる。

 

特別な支援を必要としている児童生徒の実態に合わせて、どのような対応をしたらよいかについて具体的な提案ができる。